未経験者・初心者にオススメの鳥AF(オートフォーカス)搭載のミラーレスカメラ(2022年7月)ベスト4選

ハヤブサ カメラ

これから野鳥撮影用にデジカメを買うならば鳥AF(鳥オートフォーカス)搭載のレンズ交換式ミラーレスカメラを買うのがオススメです。鳥AFとは、カメラが鳥を認識し、自動で鳥にピントを合わせてくれる機能です。(メーカーによって名前が違います)

カメラによって癖もあるようですが、カメラが自動で野鳥にピントを合わせてくれるので、初心者でも手軽に野鳥撮影が楽しめます

今年、2022年6月にCANONからAPS-Cのリーズナブルな価格の鳥AFを搭載したミラーレスカメラが販売されました。予算が潤沢になくても手が届くようになり嬉しい限りです。

ということで、価格とスペックから独断と偏見で、野鳥撮影未経験者及び初心者にオススメの鳥AF搭載のミラーレス一眼カメラをまとめます。

鳥AFミラーレスカメラベスト4

今回は野鳥撮影未経験者及び初心者が初めてミラーレスカメラを買うなら・・・がランキングの前提条件。なので販売価格を特に重視。

また一眼レフカメラは除き、対象はレンズ交換式のミラーレス一眼カメラの中から選びました。これからはミラーレスが主流になっていくであろうからです。一眼レフとミラーレスの違いについては下記の記事でご確認を。

>> 野鳥撮影のデジカメの選び方 レンズ交換式デジカメの種類

現時点のベスト4選は以下の通り。

  • 1位 CANON EOS R7
  • 2位 CANON EOS R10
  • 3位 OMSYSTEM OM-1
  • 4位 SONY α7Ⅳ
順位1位2位3位4位
機種EOS R7EOS R10OM-1α7Ⅳ
メーカーCANONCANONOMSYSTEMSONY
イメージセンサAPS-CAPS-Cm4/3フルサイズ
有効画素数約3250万画素約2420万画素約2037万画素 約3300万画素
常用ISO感度100~32000100~32000LOW~25600100~51200
拡張ISO感度5120051200102400204800
重量約612g約429g599g約658g
ファインダー約236万ドット約236万ドット約576万ドット約369万ドット
モニター3.0型
約162万ドット
タッチパネル
3.0型
約104万ドット
タッチパネル
3.0型
約162万ドット
タッチパネル
3.0型
約104万ドット
タッチパネル
本体の手振れ補正×
その他詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る
*m4/3:マイクロフォーサーズ,重量:バッテリーとカード含む,ISO感度:静止画の場合,

なお、カメラを購入する際にはレンズの購入も検討しておかないといけません。カメラ本体を買ったが、好みのレンズがない!ということがないように・・・。

1位 CANON EOS R7

CANON EOS R7

1位は新発売のCANONのEOS R7。イメージセンサはAPS-C。鳥を認識するAF(動物優先モード)、防塵防滴、手振れ補正付き。これで本体価格が価格ドットコム調べで最安値が17万円台。本体だけですと、かなりコスパが良いミラーレスカメ。想定以上に安かったです。

2年前にR7があったら絶対にこれを買ったはず。

ただレンズ選びは迷いそう。

EOS R7 CANON公式サイト


CANON EOS R7 レンタル

CANON交換レンズ レンタル

#eosr7ハッシュタグ – Instagram • 写真と動画

2位 CANON EOS R10

2位はCANONのEOS R10。こちらもCANONの新製品。2022年7月下旬に発売予定。R7の下位機の位置づけで、防塵防滴や手振れ補正は本体に搭載されていません。

ただし、R7よりも重量が軽く価格も11万円台とR7より6万円ほど安い。レンズ交換式カメラの入門用として最適なミラーレスカメラ。

鳥を認識するAFが搭載されての11万円台は凄いと思います。

EOS R10 CANON公式サイト


CANON EOS R10 レンタル

CANON交換レンズ レンタル

#eos10ハッシュタグ – Instagram • 写真と動画

3位 OMSYSTEM OM-1

OMSYSTEM OM-1

3位はOMシステムのOM-1。OMシステムのフラグシップモデルです。R7よりも早い2022年3月に発売。鳥AF(鳥認識AF)の精度がかなり上がって、巷ではかなり売れているようです

マイクロフォーサーズなのでお手頃価格の超望遠レンズが使えるのも人気の秘密かも。

イメージセンサがマイクロフォーサーズなのでAPS-Cやフルサイズと比べると小さいですが、裏面照射積層型Live MOSセンサーを採用することで光の受講面積が広くなっており、これまでのマイクロフォーサーズのイメージセンサよりも高感度特性を向上しています。

最安値で24万円台とR7やR10と比べるとやや高額ですが、イメージセンサがマイクロフォーサーズ仕様なため超望遠レンズがAPS-Cよりもコンパクトで軽い傾向。

>> デジタルカメラ購入の検討材料として覚えておきたいイメージセンサのサイズ

野鳥撮影で機動性を重視するならOM-1がオススメ。

OM-1 OMSYSTEM公式サイト

#om1ハッシュタグ – Instagram • 写真と動画

4位 SONY α7Ⅳ

SONY α7Ⅳ

4位はSONYのα7Ⅳα7Ⅳは鳥AF(鳥瞳AF)を搭載したフルサイズカメラ価格が最安値で27万円台とOM-1より3万円高い程度。ただフルサイズなので超望遠レンズを装着するとかなり重くかさばります。

ただフルサイズの画質を妥協できない人はα7Ⅳ

R7Ⅳ SONY公式サイト icon

SONY α7Ⅳ レンタル

SONY交換レンズ レンタル

#α7ⅳハッシュタグ – Instagram • 写真と動画

鳥AF搭載ミラーレスカメラベスト4選のまとめ

価格とスペックから独断と偏見で鳥AF搭載ミラーレスカメラのベスト4をまとめました。

個人的には、レンズ交換式のミラーレスカメラを持っていなかったらおそらくR7を、これから新しくミラーレスカメラを買うなら今持っているレンズを活かすためにOM-1を買うと思います。



カメラのキタムラで2022年10月も週末セールを開催!

>> カメラのキタムラ

  • 9月30日(金)18:00~10月3日(月)9:00まで
  • 10月7日(金)18:00~10月11日(火)9:00まで
  • 10月14日(金)18:00~10月17日(月)9:00まで
  • 10月21日(金)18:00~10月24日(月)9:00まで
  • 10月28日(金)18:00~10月31日(月)9:00まで


【関連記事】

コメント

タイトルとURLをコピーしました